Kitto 自己満の随筆ブログ

日本の小説をこよなく愛する香港出身の者による読書感想やふとした日常の綴りが中心になるブログです。

麦本三歩の好きなもの 住野よる

麦本三歩の好きなもの ー 住野よる

 

f:id:Kitto_hk:20190731182654j:image

 

友人から借りたこの本、新刊なので単行本で読むことが自分にとっては結構新鮮な気持ちだった。いつも文庫本より本のボディがしっかりしていてゆったりとした体勢で落ち着いた角度で読めたことは非常によかったとは思うけれど、大きさがどうも不便に感じる。持ち運ぶにも手で持って読むときにもその感想が大きかった。大きいから読むのに楽だと言ったのになんという矛盾なのだろう?と自分にツッコミを入れたくなることもなくはない。

 

さて、本題に入ろう!

この本についての感想、簡単にまとめると”ほっこり”との一言だと思う。レビューや本の宣伝にも似たような紹介ばかりで、自分はこの手の話は実は結構好きなので、住野よるの文章も読みやすいし、ちゃちゃと読み終わって友人に返そうと思ったのだが、思いも寄らぬ結果になってしまった。

一ページ目から猛烈にのんびり、ほっこり、ほんわか、ふわふわ、ゆらゆらという言葉がとても似合うような雰囲気を感じた。悪意を抑えずに言うと、つまらないじゃん!

しかもそれは全書を通してもこの感じだ。麦本三歩という主人公の日常を綴る散文を10文章を集め、本にしたスタイルだ。それぞれの文章は順番によって全く関係がないとは言えないけれど基本はひとつひとつ独立した別々の話だった。

 

主人公の日常によるほっこりする話なので、話の展開がとにかく遅い、もしくは展開がないと言ってもいいほど、緊張感あるいは続きを知りたいという気持ちが全く起きなかった。

内容自体は個人的に良くも悪くもないという具合だった。むしろ主人公の性格、考え方に共感できた部分は結構多かったと思う。ただそれを集中になって読むことは到底不可能だとは思う。2、3ページも読めば気が散ってしまう。増してそれは10くらいの文章があるからかなり時間がかかったのであった。本当に参った。

 

でも勉強できた部分もかなりあったと思う。何もオチや事件性のない話の題材をいかに味付けをし、表現の方法でより面白くし、文章として物語にまで完成させられた作者の文章力には脱帽する。かなり勉強になったし、それに一見何も目的のない話なのだが、実際”愛”というテーマは共通しているのではないかと思っている。

愛で主人公の毎日が面白くもつまらなくも結局笑顔でいられる。人を傷つけたり、騙したり(実際はどうだろう、作品を読んだらわかってもらえる)、悪は基本存在しない世界だった。

そんな世界、そんな”愛のある”毎日は一番ほっこりさせてくれるのではないか?

45cm 水槽 植栽編

45cm水槽の植栽について書きます。

 

石の配置を決めた後、いよいよ植栽をする番になる。

妻のふるさとの宮崎県から憧れの名所 ー 高千穂峡 をモデルにしこのレイアウトを決めた。できるだけ高千穂峡に近づけるために木のように見える水草、葉っぱ系の水草を中心に植えることにした。

 

1、青絲紅葉

f:id:Kitto_hk:20190722001356j:image

日本語名はわからないのだが、この水草を見た瞬間すぐに惹かれた。

その赤みを帯びた葉っぱの紋はとても美しい。

赤い水草も植えようと思っているのだが、立ち上げる季節は春夏ということで、まずは新緑で飾りたい、秋になるとともに赤い水草を導入する考えになっているけれど、これくらいの赤みはあって良いのではと思って、思わず使うことにした。

 

2、小宝塔

f:id:Kitto_hk:20190722001449j:image

これも日本語名はわからない、葉っぱの菊のように回り四方に展開するように咲く形に惹かれたと思う。

それに、光合成の時に水の気泡ができる時の美しさもなかなかのものなのだ。それを店で見て、ぜひ自分の水槽にもそうしたいから。

 

3、小百葉

f:id:Kitto_hk:20190722001651j:image

もう日本語で調べるのを諦めるけれど、どうやらこれはロテラ系のものらしい。一応水草の定番でもあって、林の演出にはもってのほか。

実はこれは後に追加した草で、最初に植えた1と2(後景草として)だけでは物足りないと思ったので足したが、成長が一番よくて今もはや一番水槽にメインになっている。

 

4、椒草

f:id:Kitto_hk:20190722001722j:image

これも相当な定番水草らしい、同じ品種の中にはたくさんの種類がある。

自分にとってあの細長い尖っている葉っぱはいかにも水草という感じがするから非常に気に入っている。それから比較的に育てやすいとのこともメリットのひとつではある。

 

5、爬地珍珠

f:id:Kitto_hk:20190722001743j:image

日本語はおそらくパールクラスというらしい。前景草ならかなり知られている人気のある種類。

光量とCO2の量などやや要求がそこまで厳しくないのでこれをチョイスした。

 

いざ、植栽開始!

YOUTUBEで動画の勉強をかなりしたつもりではあるが実際実践して見たら結構難しかったりする。綺麗に植えることはなかなかできない。

それでもなんとか植栽作業が完了したと思いきや、次の問題はまたやってくる。

 

立ち上げ直後、あるいは植えた直後に水草がまだ底床に慣れていないということ。

それ水上葉から水中葉に変わる問題でもある。実はお店で販売されている水草はほとんど水上葉だそうで、いわゆる水の中ではなく、水の外で栽培をしていたということ。

中には水上葉と水中葉とで形が全然違う種類も!小百葉はそれに当たる。

それらの問題、ソイルに慣れる、水上葉から水中葉に変わるまでは水草はあまり元気がなく、枯れてしまい、やがて溶けてしまうこともあった。

でも慣れてきたらすぐに元気よく繁々と生えてくる。

 

最初はCO2の導入はまだいいと思っていたが、やはり早く水草の成長が見たくて我慢できずつい植栽して1週間後に導入した。45cm用で財布と相談した結果かなり小さめのボンベ式のにした。

ディフーザーに繋げて出てくる小さいかつ繊細な泡を見るとこれでまた一つ水槽の楽しみ方でもあるなと思ってきた。けれど日にちが経つと表面が苔が生えてくるからそれの洗浄だけは結構面倒臭い。

 

あんなこんなで植栽はこれでひと段落がついた。次は夏になって秋に向けて赤い系の水草と液肥の導入をする予定になっている。

 

f:id:Kitto_hk:20190722001839j:image

植栽直後
f:id:Kitto_hk:20190722001850j:image
f:id:Kitto_hk:20190722001847j:image
f:id:Kitto_hk:20190722001843j:image

植栽後1カ月後

 

インビジブルレイン ー 誉田哲也

インビジブルレイン ー 誉田哲也

 

一つの殺人事件から物語が始まった。

警察が動き、犯人を調べる王道ミステリーのような展開だが、話が進むにつれ、以前の事件とも関連している可能性があることがわかった。それによって警察側の隠蔽、警察組織の内部問題で捜査に影響が出る。

一方、事件の被害者はヤクザの団員であり、容疑者もヤクザと関連のある人物で、ヤクザ側の話もかなり重要な部分として書かれていた。

こういった話もあって事件を邪魔したりどんどん複雑にしてしまう。

 

やがて両方を巻き込んだのは 柳井健斗 という人物、彼を巡って警察もヤクザも一見対立の立場で関係はしていないようだが、どこかで微妙に関係しているような場面もあるというのがこの本の一番面白い部分だと思っている。

 

本書のもう一つのポイントはやはり語り手のところ、主人公は警察の姫川玲子だとは思うが、順番変えて時にはヤクザの牧田だったり、被害者の柳井健斗だったり、警察の他の人だったりして、それぞれの人物から話が展開され、中にはとても重要なヒントとなるような話も別々の人物から提供されることがなかなか面白く感じる。それに違う人物から同じことに対する見方や考え方が違うことによって、誤解が生まれ物語をより複雑にしたり、読者の感情移入をもっと簡単にできたりする効果があると思う。

 

途中までなかなか真相を予想できず、結末が気になり引き込まれていた自分がいたが、最後になってあの結末は正直少し物足りないと思う。それまであれほど複雑にしておき、伏線もある程度作ったのに、最後の終わり方は比較的に安っぽく見える。

もうちょっと衝撃が欲しかったのが本音だ。

 

これはまたもや映画の原作となる作品である。僕が読書リストの中に映画化される作品はかなり多い気がする。それだけこれらの作品は面白いんだということだと思う。

映画も見てみたいと思っている。

 

f:id:Kitto_hk:20190629201747j:image

30cm水槽 ミッキーマウスプラティ稚魚 成長経過

生まれたきたミッキーマウスプラティの稚魚たちだが、既に3ヶ月が経ったので、現在の状況を記事として記録したいと思います。

 

一回目の出産で生まれた稚魚たちはもうかなり成長し、多少の体格差はあるものの、ほとんどが1cm以上のサイズにまで成長している。一番成長している子は既に尻尾にミッキーの模様ができている。一回目だけに隔離していたが、どうやらそのまま放し飼いした子の方が逞しくなっている。

 

その後二回目の出産はもこの30cm水槽内だったが、タイミングはちょうど45cm水槽の立ち上げ後で親のミッキーを移す直前に生まれたらしい、親がいなくなった30cm水槽の中にみんなを隔離の飼育箱から解放し数を数えてみたら、なぜかものすごく稚魚がいると違和感を感じたから、実際一回目の稚魚たちはほとんど確保していて飼育箱に入れているはず、しかも落ちた子の数も日々確認しているので、この数は妙というか明らかにおかしい。増えたということでこれで二回目の出産で生まれた子とわかった。

 

三回目の出産は親たちは既に45cm水槽に移され、ある日水槽を眺めていてたらその稚魚を発見、しかし今回はたったの1匹しか発見できなかった。おそらくこの45cm水槽の中にはヨシノボリをはじめ、たくさんの捕食者がいるので、今回は残念ながらほとんどの稚魚は捕食されたしまったのではと思う。基本出産を重ねて回ごとに稚魚の数は増えるのに今回発見できたのはたったの1匹だけ。。。まあ、これって自然というやつとしか言いようがない。

 

ということで、現在30cmは稚魚水槽として約20匹の稚魚が暮らしている。大きくなったら45cm水槽に移す予定でずっとこの繰り返しになる。

親だけじゃなくて成長した一回目の子たちも今度は親になり新たな出産を繰り出すこともあると予想し、僕の水槽もこれからは賑やかになるのではと思っています。

 

f:id:Kitto_hk:20190612154526j:image

現在30cm水槽で健やかに成長している一回目、二回目の子たち。

 

パラレルワールド・ラブストーリー 東野圭吾

何という偶然でしょう!本棚に積読していたこのパラレルワールド・ラブストーリーなんだが、映画の公開と同じ時期に読んでいたとは!新作ならまだしも、もうリリースされて20年以上経ったこの作品なので、本当にすごいタイミングで、何とも言いようがない不思議な気分になり、こんな読書体験は初めてだった。

 

物語の序盤は脳科学、それからなんと言ってもタイトル通りのパラレルワールド、二つの世界が存在し、並行しているというSF小説の要素が満載。一方、男女の三角関係という恋愛小説要素もあり、自分にとっては結構斬新なジャンルだった。が、言い方を変えればそれまでのことだったとも言える。

その時、まだこの物語の"面白さ"に気がついてなかったからだ。

 

中盤に差し掛かった頃、ようやくこの物語の"真髄"に気づいた!これが作者が書きたかったものなのだ!自分の想像を一気に覆してくれた。

東野圭吾の得意技、ミステリーなのだ!

これがこの物語の本当のジャンルだと思う。

 

そこから話は一転、謎解きのような展開になり、パラレルワールドから少しずつヒントを得たり、読者が展開を当てられそうな場面を作ったりしていたが、理由は何だろうと謎は深まるばかりだ。

その理由に関しても文章の雰囲気からおそらくほとんどの読者が同く予想しそうな結果だったが、そこもおそらく作者が思わせてくれた罠に見事にハマってしまったのではと思う。実際僕も予想が外れたのだ。そういう裏切りもかなり面白かった。

無論、最大の裏切りはパラレルワールドの本当の意味なのだ。

 

ミステリーとしても別格なミステリーだと思う。偶然にも映画化され、原作とどう違うのかも少しは興味がある。f:id:Kitto_hk:20190603005620j:image

45cm 水草水槽 立ち上げ レイアウト編

今回は我が家の45cm水槽の立ち上げについての話。

今持っている30cm水槽の方でミッキーマウスプラティの出産がきっかけでもう一つの水槽を始めることに。

 

前の記事にも話したが、金魚すくいから我が家にきた金魚のためにアクアリウムを始めたが、いざ始めてみると、いろいろと調べたりして、水草水槽に急に火がついたように興味が湧き、あの自然のワンシーンを自分で水槽の中で再現するというのが非常に堪らなく思うので、今回の立ち上げは願いがかなったとも言えるべきで、事前準備をかなりしてきたつもりであった。

 

実際この記事を書いている現在、この水槽も既に1ヶ月を経過している。

 

これから、少しずつその途中経過を記事にして一つの記録に、記念にできたらと思っている。

 

今回は1回目、立ち上げについて書きたい。

まず水槽の本体は、安さ優先でアルカリではなく普通のガラス製のにした。

メーカーはコトブキ社

45cm×30cm×32cm

f:id:Kitto_hk:20190514034333j:image

 

フィルターは外部式

エーハイム2211

水草水槽なので、CO2外漏れのない、その上ろ過力の抜群さを考え、外部式の一択。

超老舗のドイツメーカー”エーハイム”、ネットからも絶大の支持を得ている同メーカーを選んだ。たくさんのラインナップある中、定番とも言えるクラシックの2213に迷ったが、今回の45cm水槽は38Lの容量だから、2213だとやや水流が強すぎる心配がある。一個ランク下である2211でも間に合うと思い、それに値段もワンランク安いので最終的に2211に決定した。

エーハイム2211

 

エーハイム クラシックフィルター 2211

エーハイム クラシックフィルター 2211

 



底床はソイル

アマゾニアⅡ

ソイルも栄養系とか吸着系とか何種類があるみたいだが、予算の問題でなかなかADAの商品を買えない中、ソイルくらいはADAを使ってもいいだろうとおもいっきった。初心者にはあまり向かない栄養系ソイルだと言われるが、その分栄養たっぷりあって肥料を当分買う必要がないと思えばそれでまたいいことなのでこのアマゾニアⅡにした。

ソイルはノーマルタイプのにした。後に発売のパウダータイプはさすがに高いので手を出せない。。。

f:id:Kitto_hk:20190514034943j:image

 

レイアウトは前の30cm水槽では流木を一度試したので、今度は石組みにしようかと、流木だとサイズによりかなり高かったりするし、浮かないようにするのも前準備が結構面倒くさいから。

石組みだと前準備がより簡単ということと、やはり前回と違いをつけたくて今回は石という気持ちと、この45cm水槽は石組みレイアウトに決定した。

石も龍王石とか風山石とか火山石とか青龍石様々な種類があるが、一目惚れしたのは青龍石。模様がとても綺麗でなんといっても存在感が抜群、ソイルの中、水草の間にも際立っている。ただし硬度が高いという弱点ありで、水質への影響も懸念しないといけない。

f:id:Kitto_hk:20190522012026j:image

 

実際に石を買うのはアクアリウムを始めてから始めてだと思う。笑

しかも結構する。

石を買うなんて正直ちょっと抵抗があるというか、少し馬鹿馬鹿しくも感じたりする。けれどそれも商品の一つとしてアクアリウムのひとアイテムとしてなら仕方がない。

そこら辺にあるような石とはやはり違って(当然だけど)、少なくとも青龍石とか道端で見たことがまずない。

商品として売られているのは様々な形があって、かなり良い形にしているのもある。

結局一回目は7つほど購入し、大きいサイズのを2つ、中サイズのを5つ程度で、組み合わせてみたらちょっと足りなくて、2回目の購入でさらに中サイズを3つ。合計 200香港ドル 約3000円ちょっと。いや、石にこんなに使うつもりはなかったけれど。

 

ソイルを敷いて、組み立ててみたら、こんな感じ(下記の写真となる)

 

ちなみにテーマは"高千穂峡"

 

石組みレイアウトでありがちな山岳レイアウトだと水草を絨毯ように植えることが多いので、それでは扱う種類が1.2種類に終わってしまう。

せっかくやるならやはりいろいろな水草を試してみたいから山岳風ではなく、石を使って断崖絶壁のようなレイアウトなら山奥にある林のようなレイアウトに多くの種類の水草を使えると思ったから、この"高千穂峡"にしたわけだ!

 


f:id:Kitto_hk:20190522013620j:image

f:id:Kitto_hk:20190522013623j:image

 

次回は"植栽"編

お楽しみに

 

告白 ー 湊かなえ (読後感想)

湊かなえの作品はこれで3回目となる。

湊かなえワールドとも呼ばれる主人公1人だけの目線ではなく、登場人物それぞれの目線から主軸の話の真相が少しずつ明らかになるといった図式、1回目の時はかなり慣れていなかったが、今となってはその絶妙さを感じ楽しむことすらできるようになった。

 


今回の作品も同じ図式で、第1主人公の森口先生から"事件"が発表された。

学校のプールに転落死した娘は、実は担当のクラスの生徒に殺された。そこから例の告白。

 

f:id:Kitto_hk:20190511121224j:image


それから、クラスの生徒、犯人、犯人の家族、それぞれが語り手となり事件についていろいろな情報が発見され、結末を迎える。

 


しかし、"告白"この作品の特徴は、事件に焦点を置くのではなく、事件後に焦点を置いたことだ。

 


今まで読んだ作品はほとんどが事件の謎について登場人物それぞれの目線から少しずつ明らかにし、真相に辿り着く。ミステリーとしての位置付けだが、今回は特に事件に焦点を置かず謎解きのミステリー要素はなく、事件後森口先生からの告白を受けた生徒たちのその後の経過のほうが本当のストーリーになる。

 


事件当時のことは主人公の森口先生をはじめ、他の登場人物からの目線でも同じ事実を話している。それはちょっと新鮮だった。

 


最初に見せた事件の真相実はこうだったんだ!という攻めはなかった。どんでん返しなどもなかった。

 


むしろ、今回は登場人物の心の中の世界だけで、全編に渡りかなり強力な攻撃をしているとさえ思った。

 


告白を受けた生徒の心境、それぞれの思いが違う中、事件について違う見解もできる。

 


登場人物の語りにより、犯人たちの背景、性格形成などがわかり、犯行動機もそれによって違う。

 


目線が変わると同じ事件でもこんなに違く見えるのか!とまるで別々のストーリーを読んでいる気分にもなる。

 


新たな発見ではなく、章が変わるごとに一人一人の思いがわかり、前の章ではその登場人物の心の中ではあんな風に思われていたのに、いざ本人の章に変わると実はその本人がこんなこと一切思っていないとか、そういった"裏切り"の手法は素晴らしかった。

 


登場人物の心の中を繊細に描写でき、その上人間それぞれ違う思いで同じ事においても正反対の捉え方や感じ方があり、誤解が生まれる。場合によってはこんな悲劇にもなりかねない。

そんなことをこの作品から思い知らされたのではないか。