Kitto 自己満の随筆ブログ

日本の小説をこよなく愛する香港出身の者による読書感想やふとした日常の綴りが中心になるブログです。

アクアリウム日記 30cm 水槽 手放す編

家にある2つの水槽は立ち上げてから、気がつけばもう10カ月が経った。

 

今回は30cm水槽について書こうと思っている。

 

去年の3月、娘が幼稚園の遠足で金魚すくいしてもらった金魚をきっかけに、パパのアクアリウムライフの始まりとなった。

 

水草水槽は憧れだったのだが、事前勉強もそんなにしてこなかったし、もっとも娘がもらってきたのが金魚だったというのもあって、何も飼育道具がうちになかったから、急いで買ったのがこの30cm水槽だった。

 

そう、事前勉強と計画をしていたら、絶対これを買わなかった。最初から後に買った45cm水槽だけにしたのだった。

 

金魚の住処として始めたわけだが、実はアクアリウムの知識がなくて(あくまでも幼少時父がやっていたのを見て見真似しただけで)、案の定、何匹の子を犠牲にしてしまった。

 

この水槽をきっかけにしたかったアクアリウムライフはやっと始められて、そこから勉強しながら続いていた。

 

水の作り、バクテリアの養殖、ろ過の基礎、後に45cm水槽も初めて、水草の知識も一通り猛勉強して一応素人から初心者になったわけだった。

 

そして、飼っているミッキーマウスプラティの出産も経験して、グリーンウォーターの戦いなどもこの30cm水槽と共に歩んできた。

 

最後はコケまみれだった水槽にイシマキガイを入れたことで魔法がかかったようにきれいになって以来、ようやく安定してきた。

 

しかし、自分の転職によってとうとうこの水槽と別れる日がやってくる。

 

転職が決まって家族ごと日本に移住することになったから、もちろん水槽なんかはとても持っていけないので、2つある水槽(30cmと45cm)のうち、45cmのほうは実家に引き継いでもらって、残念ながらこの30cm水槽は手放しをせざるを得なかった。

 

ミッキーマウスプラティの稚魚ら、イシマキガイを45cm水槽に引越しさせ、がらんとなったこの30cm水槽、家の引き払う日まで水の流れを止めることなくそのままろ過していた。なんとなく風水の考えもあったし、なんといってもせっかく立ち上がったバクテリアをもったいなくて捨てられない。

 

ネットに出品を試みたけどなかなか買い手もいなくて、幸い最後に住んでるマンションの管理人に水槽ごとをもらってもらったから、そのまま捨ててしまうよりはずっと良かった。

 

こうして、30cm水槽とはおさらばした。

ど素人の僕の練習台とも言えたこの水槽は思い出深い水槽だった。

 

ダサいかもしれないけれど、感謝したい、楽しい時間をありがとう。

 

f:id:Kitto_hk:20200218210132j:image

涙そうそう ー 吉田紀子、吉田雄生

この本は10年前留学時買った本で、その当時まだそんなに読解力がなかったせいか、かろうじて途中まで読んだまま実家の本棚に放置していた。最近ようやく掘り出されて、今度こそ読み倒そうと。

 

 

さて、感想を書きます。

 

f:id:Kitto_hk:20200215200739j:image

また僕の王道パターン、映画化される作品。本当によくこの手の小説を買うんだなと自分でも笑ってしまいます。薄っぺらな本読みですね。

 

 

感動作というだけあって、とても共感できた話だった。テーマは兄妹愛の話、しかしそれは再婚同士の兄妹であって、所詮血のつながりのない兄妹、そこから芽生えた感情によって様々な葛藤、気持ちの変化、兄妹だからそれ以上踏み出せない二人の運命、心に秘めた思いなどなど、よくある話だけれど、読んでいてつまらないと思わなかった。

 

 

設定は普通だが、複雑な展開もなく落ち着いた気持ちで読めた。主人公の洋太郎の人生に感情移入もしやすかった。

 


どこまで感動したかは個人差があると思うが、文章を追っていくうちにやはり心を打たれることになる。

 


切ない、純愛という言葉がよく似合う作品ではないかと思う。

 

 

最後の展開は正直少し予想しなかった。わぁー
いやだな!と思った。
ある種の読み応えとも言えた。

 

 

終始落ち着いた気分で読めた作品で、一番良かったと思うところは人物それぞれの心境の描写だ。難しい言葉はあまり使われていない、けれど読む人間には着実にそれを伝わっている。
そういう文章力はすごいと思う。

 

白夜行 ー 東野圭吾

この作品に出会ったのがおよそ15年前からだろう。日本語の勉強を始めた頃だった。

 

小説ではなくドラマのほうだった。

一話を見たあとなぜなのかは覚えていないけど、続けて見る気なかった。決して物語に対して興味を持っていなかったのではなく、むしろ非常に興味のある題材である。

 

おそらくまだ若かったというのもあって、作品の暗さに圧倒され見る元気をその時は持てなかったのではないかと今は思っている。

 

そして、15年が経った今(なぜか作品の中みたい、笑)、本を読むようになった今、まさに絶好なタイミングとしてこの作品との再会を果たすチャンスが訪れた。

 

作者の著作の中でも屈指の名作であるこの”白夜行”は、かなりの長編であって、タイトルからもかすかに漂う暗さもあるため、読むのに相当な”体力”はいるのだろうと思ったが、実際読み始めると、案外”疲れ”を感じることなく、すらすらとまでは行かなくても、意外に頁がどんどん捲られていく、気づいたら、いつの間にか右のほうの紙の枚数が左のほうより増えていた。

 

やはり物語の複雑巧緻さが圧巻だった。これほどの内容を小説に書き下ろした東野圭吾さんの筆力は本当にすごいとの一言に尽きる。

 

そして、読み終わった後の余韻がまたすごい!

亮司と雪穂二人の人生を振り替えたり、あの時はこうだったのか?あー なるほど!ここで繋がったんだ!のを一つ一つの場面の経緯を詳しく調べたり、ネットの考察ページまで漁ったりするほど、物語の壮大さに引き込まれている。

 

それからおそらく作者が故意に明かさなかったいくつの謎も、読み手の想像によってその人物の心境の変化もあって、感じるものも当然違うので、あえてこんな狙いがあったのではと思う。

 

しかしそんな謎の真相というよりも、僕がもっと知りたいのは物語全体の時系列における二人の繋がりだ。

 

カバーの背面にも書いてあったように、物語は一つの殺人事件から始まった。

父を殺された”被害者”の息子の亮司と”容疑者”の娘の雪穂、この二人のその後の人生と事件との関係性が主な内容となる。

 

作者が直接二人の視点から描写したことがなく、終始二人の周りにいた人物の視点から二人のその後の人生を描いたという手法だった。

 

その登場人物の多さもまたすごい。それが長い期間飽きもせず読めた一つの理由かもしれない。

 

事件を担当した刑事、事件の関係者、それぞれの家族、その後の人生で出会った友人や家族などなど、様々な人からの視点でその後を描いた。

 

二人の人生は一見事件後は全く接点がなくなったように見えるが、実はどこかに些細なつながりがあったり、物語が進むにつれ、そのつながりが濃くなったり、二人は表では決して同時に登場したシーンはないけれど、実はずっと繋がっていて、二人の人生の様々な場面で交錯して、表では自分の道を歩むように見えるけれど、裏では深い絆で結ばれていることが二人の狡猾さ、恐ろしさも垣間見ることができた。

そして、二人の人生の暗さ、切なさも見事に描写できていた。

 

自分の感想に過ぎないのだが、読んでいるうちに残りのページが少なくなった時、”いや、まだ事件の解明はしないの?あれはどうやって?どういうことだった?”とか、自分の中で気になっている謎?もしくは事件当時の詳細?があるのに、物語はまだ解明してくれる兆しがない。

 

その時うっすら考えたことがあった。”もしかしたらこういう終わり方なのかも?だって実際時効が過ぎた19年前の事件だし”と。

 

案の定というか、正直なところ、少しもの足りない結末にはなっていたのかなと、あんなに大きいスケールに描かれた物語なのに、もっと壮大な結末が必要なのだろうといわゆる”素人”並みの発想があったと思う。

 

あくまでも自分が気になる。気を済ませたいという気持ちがあっただけに過ぎない。

 

実際、二人のことを触れずこの終わり方のほうは余韻を引き起こせるし、もちろんおしゃれだった。それに、二人の人生の切なさも、作品の暗さも昇華させたと思う。

 

また僕には多い原作からの映画化もしくはドラマ化されていたパターンで、無論映画もドラマも見てたい気になった。ドラマなら正真正銘の再会になる。

 

f:id:Kitto_hk:20200119173433j:image

 

仕事納め、"変"な一年でした。

仕事納め。

 

 

ひょっとしたらこれはこの"仕事"の納めになることもあるかもしれません。なんとなくそんな気がします。笑

 

 

 

今年は本当にすごい一年でした。
カッコつけて一文字で喩えると"変"な一年でした。

 


まずは、大変の"変"です。

 

ご存じの通り、今年の香港は前代未聞の政治問題が発生し、未だ収まる気配は感じません。
僕を含め、家族やたくさんの友人の生活に甚大な影響を与えました。

 

 

もう一つの"変"は変化の"変"です。
僕にとって、結婚に次ぐくらい大事な変化かありました。

 


2、3年前からずっと悩んでいた日本への移住、ようやく今年の渦巻にうまく導かれて実行することになりました。
10年近く続いていたガイドの仕事を卒業し、転職し新天地に飛び込みます。

今年、今まで香港でお世話になりました数え切れないほどたくさんの方々に感謝の気持ちを伝えたいです。
ありがとうございました。

 

香港観覧車

そういえば先週チムでの用事の予定していた時間が変更になり、その出来た時間をセントラルに行った。

 

娘にフェリーを載せたい目的で行ったら、せっかくならついでに観覧車🎡もかなという気になり、値下げしてたのは前から知っているけれど、なんと今キャンペーン中という事で無料で乗れた!!!

 

こうして家族で初の香港観覧車に乗った。娘は怖さがわからないかは知らないけれど、親たちは高所恐怖症でかなりヤバかった。

 

f:id:Kitto_hk:20191223020305j:image
f:id:Kitto_hk:20191223020258j:image
f:id:Kitto_hk:20191223020301j:image
f:id:Kitto_hk:20191223020255j:image

 

 

景色は綺麗だったけど。

 

 

その夜は久しぶりの外食でちょっと早いクリスマス🎄

 

香港の思い出が一つ出来た。

ふがいない僕は空を見た 窪美澄

妻が映画でこの作品を知ったらしく僕に紹介してくれた。裏の紹介文の”高校生が年上の主婦と週に何度かセックスをしてる”という一文に目を奪われたのがこの作品を読む理由だった。

 

f:id:Kitto_hk:20191128112712j:plain

読み出すと官能的な部分は僕を裏切ることもなく期待通りの内容だった。

しかし、本の帯に”泣ける”という宣伝文句にも気になって、一体最後はどんな結末になるのだろう?だんなストーリーなのだろう?と興味津々。

 

僕のような単純な男が他にもいたのだろうか?そんな僕らのために作者が用意してくださったとも言える最初の章”ミクマリ”は見事にすごい内容だった。けれどセックスのシーン以外どこか哀愁感も漂っていた。

そのあとの章も統一したこの”哀愁なトーン”で物語が展開された。

簡単にいうと章ごとに登場人物それぞれの視点によるストーリーのその後展開を叙述したスタイル。その登場人物がそれぞれが抱えている悩み、葛藤なども詳しく書かれていた。

それによってストーリー全体も登場人物全員もなんだが暗い雲に覆われている感じがした。けれどそれは決して真っ暗な雲ではなく、晴天の下に暗い雲がかかっているだけで、その隙間から時々差し込む光を見せてくれている。暗い話ではあるけれど読み手にはいやな気分をさせない。

 

どの章も性に関する話があり、それがその登場人物にとっての負の一面もある。性もしくはセックスはいつも快楽、快感のようなイメージを人々に与えるけれど、性の問題で人によって人生を苦しむ種でもあるのだ。性をもっと”大人”の目線で向き合うことが勉強になったのではないかと思う。

そして、もう一つ性に関する問題も作品を通して作者が教えたかったのが出産のことなのではないかと思う。

本能の赴くままに行ったセックスのあとは、場合によって一つの尊い命がやってくる。

気軽にセックスしたりして、重大な責任を感じることもなく、挙句その後苦しみの人生を過ごすことに。

 

男女による体の快感やその生理的な感受性だけではなく、考え方次第、やりかた次第、実は”性”はやっかいなものでもあったりする。たかが”性”だと思われがちだが、いろんな意味で本当に意味深いテーマであって、そんな軽い気持ちで考えてはいけない気がする。

これが作者が教えたかったテーマかどうかはわからないが少なくとも僕はそう教えられた気がした。

MacBook Pro 13 inch 2012 mid SSD換装&RAM増設

今使っているこのマックブックも7年が経ち、かなり重くなってきて、立ち上がりも2分かかるくらいまでになった。

f:id:Kitto_hk:20191030025246j:image

 

アップデートしてもなんの変化もなく、とうとう我慢の限界がきた。

 

アップルショップの店員に聞けばソフトの対応などの理由でとにかく新しい機種への変更を進める。(当たり前だもん、7年前のモデルだもん!)

 

妻が仕事用に使うので、新調してもいつか元が取れるとは思うが、やはりこのままこいつを手放すのは少しもったいないような気がする。

 

だって今までネットを見るのとアイフォーンのバックアップ以外あまり使ったことないのにもう寿命かと思うとちょっと悲しい。

 

そこでネットで他の方のブログを調べた結果、なんとまだまだ直す?手を打てるということがわかった。

 

それはSSD に変える。それから定番といえば定番、RAMの増設。

 

SSDは従来のHDD の後継タイプのハードディスク。とにかくスピードが何倍も早い。

 

プラスRAM も増設し(16GBに)、結論から言うと・・・

 

生まれ変わった新品のパソコンだと思えるほど、早く、軽くなりました!!!

大成功!!!

 

この”手術”の記録をブログの記事として載せます。

*個人でマックブックの本体を開け、改装などをしたら保証が効かなくなるのでご注意! 僕の場合はもう7年経ったから廃棄よりも一か八かのつもりでやってみた 。

 

1、まずは背面のネジを外す。写真では写していないが長さが違うネジも何本かあるので、気をつけないと。f:id:Kitto_hk:20191030024235j:image

f:id:Kitto_hk:20191030024344j:image

 

2、内部を一通りきれいにし、HDDを外す。(事前のバックアップを忘れずに)f:id:Kitto_hk:20191030024311j:image

 

3、SSDとRAM をそれぞれ装着。(香港在住のため、日本にはないメーカーの部品もあると思う)f:id:Kitto_hk:20191030024408j:image

SSDの装着はケーブルを外して新しいのを嵌めるだけで、RAMのほうは2枚重ねで順番に上から外して新しいのを嵌めるのだが、外す時折ってしまわないかと結構怖かった。笑

 

 

*HDDを外す時特別の星形のネジがあるため、専用のドライバーが必要。iPhone、マック共通のもの)f:id:Kitto_hk:20191030024533j:image

4、再びOS X からインストール

f:id:Kitto_hk:20191030024431j:image

5、最後にタイムマシンからバックアップを復元。

f:id:Kitto_hk:20191030024614j:image

 

ざっくりこんな感じの作業で、意外と簡単だった。パソコンの自作とかの経験のない僕でも15分くらいでできた。(そのあとのOSのインストールとバックアップの復元はまあまあかかった。2時間かな)

 

でも換装したら、本当にマックが超早くなったのでやってよかったと思う。

今でもこうやってブログを書いたり、ネットを見る時とか、映像の編集でも全部やりこなせている。まだまだ現役だと思う。